ご縁のあった方に送る 髙原慎司通心 平成28年7月号 No.48

皆さんこんにちは!高原慎司です。

7月に入りまだ梅雨は明けてませんが、蒸し暑く暑い日が続きますが、いかがでしょうか?私日々現場に行くと、職人さん達は日焼けして真っ黒になって頑張ってくれています。熱中症にならない様に水分補給は欠かせない日々が続きます!皆さんお出かけの時はペットボトル等準備して行ってくださいね!

当社が加盟している広島工務店協会は広島県において地震等被害にあったとき応急仮設住宅の建設に対応する事を約定しています。この事で広島から熊本に仮設住宅の対応等を視察!阿蘇を中心に行ってきました。通常応急仮設住宅は2年間住める住宅を基本にしています。(※2年後には解体して更地にすること基本)行って驚きました。熊本の応急住宅は2年どころか一般の住宅と何ら変わらないくらいの耐久性の高い住宅でした。通行止めも多く地震の影響は計り知れないです。

では又、来月!