コンセプト

ハイランドハウスの新築住宅は、 自然素材にこだわり、人と身体に優しい住宅。
全てが大地に還る家

家族が憩うリビングをはじめ、邸内は自然素材にこだわり、優しく癒してくれる
安らぎの空間を提案します。自然の床材を使う事で、人間がリラックスでき、室内環境も無理なく保たれます。木は調湿・調温作用に優れていますので、夏涼しく冬に裸足で過ごせる快適さです。その土地の光、風、機工、周りの環境も十分に考慮し、全てが大地に還る家にこだわります。その人にあった生活ができる家。よそ行きや、見せ掛けだけの住まいではなく、大切なことは、そこに住むご家族が快適に生活できる住まい。
生活パターンや将来の生活を共に考えた住まいをご提案します。
人に最も優しい自然素材で、その土地にぴったり合う家をつくり、ただの「箱」ではなく、家族が育っていく住まいとして、ご家族の歴史が刻みこまれてゆきます。五感を解放できるのは自然素材だからこそ。住まいは生きています。

人と身体に優しい住宅

バリアフリーに配慮した環境住宅も提案可能です。
将来歩行補助具の使用も考え、一般住宅よりモジュール(柱と柱の間の基本単位)を大きく取り、自由に部屋を行き来できる住宅提案。
廊下には手摺りが取付られ、使用頻度の高い洗面所やトイレ、お風呂も無理なく一人で安全に使用できるよう考慮します。
なるべくできることはお一人で、ご家族も安心できるよう細かく打合せをし、安全に徹底した最新の配慮をしています。

元大工の一級建築士がつくる注文住宅

一級建築士がつくる家はいくらでもあります。
でもハイランドハウスはそれだけではありません。ハイランドハウスのつくる家は「元大工」の一級建築士がつくる家。
家族のライフスタイルや想い、土地の特徴などを取り込んだ長持ちする家です。
写真は伝統的な木造軸組工法を採用し、広島県産材を使用した長期優良住宅です。
現代ではなかなか見られない意匠やデザインを随所に配することで、本質的な住み心地の良さと日本伝統の美意識を追及した本物志向の住まいとし、これまでの経験を生かした試みとなりました。
経験に基づき構造を理解しているからこそできる設計があり、施工があります。
お客様とともにつくり上げるハイランドハウスの家づくりの基本です。

元大工の一級建築士がつくる注文住宅
安心の品質を詳しく見る
 

コンセプト住宅GION

コンセプト住宅GIONを 詳しく見る
Cafe Style
Gion 新コンセプト住宅誕生 コンセプト住宅GIONを 詳しく見る

そんな願いを叶えるコンセプト住宅が『Gion』です。
この街の気候・風土を知り尽くした地元工務店だからできる安心・快適な家づくり。暮らし・スタイルを提案する新しい商品ブランドです。
大容量の収納は目に触れるスペースに生活感を感じさせません。
収納扉や窓際の長いカウンターテーブルは収納としてもディスプレイとしても…  アイデア次第で自分らしい暮らしが楽しめます。
他にも、お子様の成長を考えた間取や家族に自然と会話の生まれる動線などこだわりの設計が盛りだくさん!
ナチュラルで優しい雰囲気に包まれて穏やかな時を感じる暮らしをしてみませんか?

 

ZEHとは

ゼロエネルギー住宅への取り組み

ZEH (ゼッチ) とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略です。
住まいの断熱性・省エネ性能を上げエネルギーの消費を抑え、太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、
年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅のことです。
地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、国内においても地球環境に優しい暮らしの実現のため
「住宅の省エネルギー化」は最重要課題のひとつです。

自家発電して自分の消費分をまかなう自給自足のエコ住宅

そこで、これまでの「省エネルギー」、「断熱」に加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創る
エネルギー量が多い、ZEHの暮らしに注目が集まっています。 政府は2020年までに標準的な新築住宅での実現を推進しています。

長期優良住宅とは

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(2009年(平成21年)6月4日施行)は、住宅を長期にわたり使用することにより、
住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建替えに係る費用の削減によって国民の住宅に対する
負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的としています。

5年後も10年後も住みたい家
長期優良住宅

長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用するために、

  • 長期に使用するための構造及び設備を有していること
  • 居住環境等への配慮を行っていること
  • 一定面積以上の住戸面積を有していること
  • 維持保全の期間、方法を定めていること

の措置が講じられている住宅を指します。

所管行政庁(都道府県、市または区)に認定申請を行えば、長期優良住宅としての認定を受けることが可能です。
平成28年4月より、長期優良住宅の認定は新築だけでなく増改築を行う場合にも認定を取得することが出来るようになりました。
※「増改築」とは、耐震改修工事や断熱改修工事等、建築基準法における取扱いと必ずしも同一でないものも含みます。

家づくりの流れについては、こちらからご覧ください

ハイランドハウスの新築リフォームのご相談、事業についてなどお気軽にお問い合わせください。

代表髙原のブログ
資料請求
耐震診断
メールフォームからのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせもどうぞ 0120-86-6747

■営業時間/09:00~18:00

アクセスはこちら

このサイトを広める