維持管理(部位別)リフォーム

何もしないで放っておくと、住まいは確実に老朽化し、いろいろな障害が生じてきます。
住宅設備の故障や建物の老朽化をそのまま放置すると、修復が困難な状態になり工事費用が高額になったり、工事費用も高額になる場合も少なく
ありません。そして何よりも暮らしの快適さが失われてしまいます。わずかな心配りで少しずつお手入れを重ねていけば、住まいを長持ちさせる
ことができ、結果的に無駄な出費を抑えることにもつながります。適切なタイミングでメンテナンスをしていきましょう。

 

水まわり

新築であれば築10~20年ほどで不具合が出てい来ることが多いです。定期点検を行いましょう。
水まわり・ガスまわりの劣化状態は、見た目にはわからないことも多いので厄介です。設備などに目立ったキズや汚れがなくても、知らない 間に土台や下地材の腐食が進んでいるケースも少なくありません。特に昔ながらの住宅に多いタイル張りの浴室などは、築20年を過ぎると小 さなひび割れ部分から水を吸い込んでしまい、さらに水漏れやシロアリが発生し、見えない所が腐食していきます。その他、設備に使いにくさ を感じたり暮らしの不便さもタイミングの一つになります。

外装

外壁は、10年を目安に塗装を行うのが理想的です。
外壁塗装は風雨などから構造の中心となる柱などに水が入り込むのを防いでくれる役割があります。
そのため、塗装が落ちてしまったり、ひび割れが発生した状態のままにしていると、構造部分に不具合や傷みが出てくることがあります。
そうなると、家の構造部分に関わる大規模な修繕が必要になり、リフォーム費用も高額に!そうならないためにも劣化サインを見落とさない ための定期点検と塗り直しをお薦めします。また、屋根についても自身でのチェックが難しいため、外壁と共に点検するようにしましょう。

内装

内装については汚れや傷みが目立ってきた際に順次交換をしていくと良いでしょう。
床がきしむ、壁紙の汚れや継ぎ目の剥がれが気になる、畳の色が変色した等、気になることがあれば何でもご相談ください。

その他少しでも不安なことがあればハイランドハウスへご相談ください。現地調査を行い、適切なアドバイスをさせていただきます。

ハイランドハウスの施工例を見る

ハイランドハウスの新築リフォームのご相談、事業についてなどお気軽にお問い合わせください。

代表髙原のブログ
資料請求
耐震診断
メールフォームからのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせもどうぞ 0120-86-6747

■営業時間/09:00~18:00

アクセスはこちら

このサイトを広める