耐震補強の種類

耐震補強には

壁を増やす

壁を強くする

屋根を軽くする

基礎が損傷していれば、基礎補強を行う

一番
重要!

壁を強くする

があります。

昔の建物(平成12年までの建物)は、制限がなかったため、全体の壁のバランスを取っていません。
意匠を重視した設計をしていれば、耐震性が怪しいです。(制限がない時代の建物でも、きちんと設計されていれば大丈夫です)

耐震補強の種類
耐震補強の種類

ハイランドハウスの新築リフォームのご相談、事業についてなどお気軽にお問い合わせください。

代表髙原のブログ
資料請求
耐震診断
メールフォームからのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせもどうぞ 0120-86-6747

■営業時間/09:00~18:00

アクセスはこちら

このサイトを広める